速報ヘッドライン

2014年12月28日

【韓国/運輸】いまだに開業できぬ「韓国都市型リニア」の無残、完成2年…「純国産」にこだわりトラブル続きのお粗末もロシアは導入に前向き[12/24]

1:2014/12/27(土)02:01:35 ID:
韓国初の商用リニア「仁川空港マグレブ」は、年内の営業運転開始が絶望的な状況となった。
韓国・仁川国際空港〜龍遊(ヨンユ)間の6.1キロを結ぶ韓国リニアは、
最高時速110キロの都市型磁気浮上式鉄道。日本で2005年の「愛・地球博」にあわせて営業運転を開始した
愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)と同じ仕組みだ。日本ではスムーズに開通した都市型リニアだが、
韓国リニアは“純国産”にこだわったためか、12年の完成から2年あまりたってもトラブルが続き、開業は見送られたままだ。

 香港新国際空港やシンガポールのチャンギ国際空港、米アトランタ空港など、世界の主要空港の新交通システム(無人列車)に
信号システムを納入したトップメーカーの京三製作所(横浜市)。だが、韓国リニアへの技術供与については
「わが社のブランドとして、かかわっている部分はない」と否定した。同社によると、韓国リニアに関しては、
一部の機器販売などにとどまり、技術供与などの本格的な協力は行っていないという。

だから、というわけでもないだろうが、10年に着工した問題の韓国リニアは、
12年11月に第一期区間6.1キロの工事を終えたものの、営業運転の開始予告と延期を繰り返し、
いまだ正式開業に至っていない。

当初は13年9月の開業を見込んでいたが、完工直後のチェックで641件の問題が見つかり、運転開始を延期。
速度検出センサーのエラーや、車両と信号間の伝達エラーなどシステム面のトラブルのほか、
冬季の排水管や電力線の凍結防止設備や軌道上の保守通路がないなど、大幅な改修が必要な設計上のミスも少なくなかったという。

14年5月には国内外の報道陣を集めて、大規模な試乗式を開催し、同年7月中旬の営業開始を宣言した。
だが、翌月には運転開始を9月に延期、9月には当面延期と修正を繰り返した。
実用化事業団は14年内の運行開始をぎりぎりまで探っていたが、手続きが間に合わず営業開始は来年以降にずれ込む見通しとなった。
聯合ニュースなどによると、7月以降の試験運行でもまだ161件のシステム障害があり、
列車自動運転装置など重大なシステム障害も含まれているという。このため地元の仁川市は、運行開始を来年6月に延長するよう求める検討に入ったという。

韓国が国家研究開発事業として始めた韓国リニアは、政府や仁川市、仁川空港公社などが約4000億ウォン(約440億円)を投じた、
国家プロジェクトだ。都市型リニアを「日本に続き、世界で2番目に実用化」した韓国の鉄道技術を、14年の仁川アジア大会で国内外にアピールする思惑だった。

だが、度重なる運行延期に代表的な予算浪費事例、との批判の声も根強く、「仁川空港マグレブは欠陥だらけ」などと批判的な報道もなされた。

 こうした中、大田市の権善宅(グォン・ソンテク)市長は12月4日、韓国リニア方式で建設が決まっていた都市鉄道2号線を、
路面電車(トラム)方式に変更すると発表した。建設コストや都市の景観保護などが理由とされるが、
自前のリニア技術の商用化第一号と目されていた大田市の“離反”で、本格的な商用化は宙に浮いた形となった。

自国内でも“黄信号”がつく韓国リニアに食指を動かしたのはロシアだ。韓国リニアの開発にあたった韓国機械研究院は12月17日、
ロシアの連邦地域発展委員会と磁気浮上列車の輸出のに向けた包括的業務協約を結んだ。
実用化に向けた共同研究や人材・情報交流を行うことなどが柱だ。

http://www.sankei.com/world/news/141224/wor1412240004-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/141224/wor1412240004-n2.html
http://www.sankei.com/world/news/141224/wor1412240004-n3.html
2:2014/12/27(土)03:15:31 ID:
ロシアこんなのどうする気だ?
3:2014/12/27(土)06:53:19 ID:
ロシアが騙されたか魔改造前提か
いずれにしてもポンコツを売りつけた制裁は有るだろう
ロシアの制裁は怖ええな
4:2014/12/27(土)07:18:27 ID:
銀河モノレールも欠陥だらけで放置状態なのに何背伸びしてんだよw
5:2014/12/27(土)07:22:54 ID:
日本から機器は導入できたけど、運用技術は盗めなかったのかな?
6:2014/12/27(土)08:56:18 ID:
韓国だから無理だったのであって、ロシアとか普通の国ならモノになるってことじゃないの?
7:2014/12/27(土)09:10:45 ID:
(*´ω`*)プーチンのことだから何らかの勝算があってやってるんだろうけど、、、
でもね。
見誤ってる。トンスル民族は予想以上に劣等ということを。
8:2014/12/27(土)11:56:57 ID:
違約金目当てだろ、ロシア
9:2014/12/27(土)12:03:49 ID:
何故出来ると思ったのだか…(´ω`)
10:2014/12/27(土)13:44:23 ID:
一輪車走らせるのに丁度良いな。
11:2014/12/27(土)13:48:11 ID:
猫車で十分だろ。(・ω・)
12:2014/12/27(土)13:58:21 ID:
リニアやめて路面電車って
また随分とハードルを下げたなw
13:2014/12/27(土)14:22:11 ID:
仁川マグレブは、

耐久力不足で完工したあと、商業運転せずに取り壊した
仁川モノレールのルートを使ったものだから、
要は“つくれれば何でもよかった、今もまた反芻している”
状態の穴を掘って埋めなおす型の公共事業。
14:2014/12/27(土)14:23:42 ID:
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1295730566/
【韓国】月尾島(ウォルミド)モノレール 運行もできずに撤去[01/22]
1 :春夏秋冬白發中φ ★:2011/01/23(日) 06:09:26 ID:???




仁川月米銀河レール

"安全問題で事業中断 決定"

国内初の都心観光用モノレールとして関心を集めた仁川月米銀河レール(写真)が開通を控えて安全性問題で撤去される
ものと見られる。

仁川交通公社パク・キュホン社長は20日、仁川市庁で記者会見を行い「安全問題で月米銀河レール事業を中断すること
に内部方針を定めた」と明らかにした。
853億ウォンを投資し建設した月米銀河レールは2009年7月、仁川都市フェスティバル開場に合わせ開通する計画だった
が、施工が設計と異なる形でなされ、開通が1年間 延ばされた。
続けて昨年4月、試験運行中に追突事故が発生し、8月にも車両支持台の案内輪と車両下部がつぶれる事故が起き開通が
無期限延期された。

パク社長は「国内外専門家たちが月米銀河レールを点検した結果、安全運行が難しい状態だと見ている」とし
「調査結果を3月中に発表する」と話した。
彼は 「市民検証委員会を構成し来る6〜7月中に最終点検を行い、安全性を確保できず開通不可が確定すれば施工者を
相手に工事代金全額と機会損失費用などを請求する訴訟を提起するだろう」と付け加えた。

月米銀河レールは京仁線、仁川駅〜月尾島文化の通り〜月尾公園〜仁川駅を循環する6.1km区間に路面から6〜17mの高さ
に立てられた軌道に沿って無人自動運転車両を運行する方式で建設された。

一方、仁川交通公社と月米銀河レール施工者である韓信工営は各々お互いに対し工期遅延にともなう賠償と追加工事費
などを要求する仲裁申請を大韓商事仲裁院に提起し、韓信工営は42億9800万ウォンを、仁川交通公社は4億300万ウォン
を相手方に支払えとの決定が下された。

キム・ヨンファン記者 ywkim@hani.co.kr
15:2014/12/27(土)14:25:04 ID:
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1241880259/-100
【韓国】 リニアモーターカー、表面だけ国産化〜鉄道施設公団、日本技術の導入約束していた[05/07]
1 :蚯蚓φ ★:2009/05/09(土) 23:44:19 ID:???

鉄道施設公団が仁川国際空港(永宗島)リニアモーターカー循環路線条件提示で政府が国策事業とし
て推進中の‘実用化事業’を排除し、海外企業を優先交渉対象に選定して論難がおこっている。

リニアモーターカーで核心技術である信号システムを海外企業が先行獲得する場合、我が国のリニ
アモーターカー技術は後退して表面だけ国産化されるという指摘だ。政府は科学韓国・技術韓国のイ
メージを高めるために国内技術の実用化事業を推進している。韓国型高速列車、小型発電用ガスタ
ービン、海水淡水化用原子炉、リニアモーターカー実用化事業等だ。

特に政府は実用化事業段階で成功した技術を国内事業に適用して韓国技術の海外進出にも助けに
なるという戦略だ。これによって実用化事業過程で国内企業が開発したり開発中の技術を国内事業
に適用させるように規定を定めた。仁川永宗島循環リニアモーターカーの核心技術である信号システ
ムの場合、すでに国内企業(コンソーシアム)が共同開発し、2008年末、試験を終えて成功した事例に
分類した技術だ。

3月10日、永宗島循環磁気浮上列車条件提示で韓国コンソーシアムは日本コンソーシアムより技術
面で数等先に進んでいることが分った。しかし、鉄道施設公団は「信号は国内で開発した開発中のシ
ステムを適用する」と言う条件提示提案書(RFP)にそっぽを向いて海外企業を優先交渉対象に選定し
て購入交渉を進行中であると知られた。

キム・グァンギル鉄道施設公団磁気浮上鉄道事業処長は「信号側国内技術が不足で問題になってい
る。国内のどの企業も自社技術だけで信号問題を完全に解決することはできない。日本の京三製作
所から100%技術移転の約束を受けたから問題ない」と説明した。

しかし公団側が主張する「国内地上信号技術脆弱」の根拠や基準は説得力がないと言うのが専門家
たちの主張だ。特に国内技術で開発した信号システムを政府が認めていのに公団側だけわざとそっ
ぽを向いたというのだ。
(中略)
政府が莫大な予算を投入して各種システムを開発しても使用段階ではそっぽを向いたら主要核心技
術を海外に依存して科学技術強国は遥かに遠いというしかない、という指摘だ。仁川空港永宗島循
環磁気浮上列車は3段階事業で合計50キロに4500億ウォンをかけて推進中だ。

国内企業関係者は「企業等が虚偽実積で条件提示に参加し、各種問題が発生することは公団も責任
がある。公団が進行する鉄道事業は客観的で透明に成り立たなければならない」と言った。

ソース:Naeil(韓国語) リニアモーターカー皮だけ国産化 公団、日本技術以前約束…
http://www.naeil.com/News/politics/ViewNews.asp?sid=E&tid=2&nnum=470194

関連記事:仁川空港周辺運行するリニアモーターカーモデル決定 2008.03.03
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=96841&servcode=400§code=400
17:2014/12/28(日)07:00:07 ID:
>>14-15の記事からすると、>>13は時系列がおかしいですよ。
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。