速報ヘッドライン

2014年12月24日

【天皇誕生日】 81才誕生日の日王「平和国家として近隣諸国はもとより世界各国と共に支え合って歩むよう願う」[12/23]

1:2014/12/23(火)14:46:06 ID:
明仁日王が23日に81才の誕生日を迎えて日本が平和国家の道をずっと歩くよう願うというメッセ
ージを出した。

明仁日王は事前に行なわれたメディアのインタビューで戦争と平和に対する考えを質問され「これ
からの日本のつつがない発展を求めていくときに,日本が世界の中で安定した平和で健全な国と
して,近隣諸国はもとより,できるだけ多くの世界の国々と共に支え合って歩んでいけるよう,切に
願っています。」と答えたとNHKが報じた。

日王はまた「先の戦争では300万を超す多くの人が亡くなりました。」として「その人々の死を無に
することがないよう、常により良い日本をつくる努力を続けることが、残された私どもに課された義
務であり、後に来る時代への責任であると思います。」と説明した。

日王は今年一年で印象深かったこととして赤崎勇、名城大終身教授など日本人科学者3人が青
色発光ダイオード(LED)開発の功績でノーベル物理学賞を受けた事実を挙げた。また、74人が死
亡した8月の広島山崩れ、63人が死亡したり失踪した9月御嶽山噴火などを取り上げて自然災害
にともなう犠牲者らに哀悼の意を表わした。

ヒロヒト(裕仁・1901〜1989)日王の長男として1933年に生まれた明仁日王は11才で日本の敗戦
を見詰めながら戦後復興期に青春時代を送った。25才の1959年、美智子王妃と結婚して3人の
子供を産み、1989年ヒロヒト日王が死亡するとすぐに即位した。

ソース:デイリー韓国(韓国語) 81才誕生日日王"平和国家で世界各国と同行するのを"
http://daily.hankooki.com/lpage/world/201412/dh20141223085651138450.htm
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ハンギョレ】植村隆「私が書いた慰安婦記事はねつ造ではない。右翼の脅しには屈しない、私は日本の謝罪を求める愛国者だ」[12/21]

1:2014/12/22(月)18:28:54 ID:
− あなたがこのようにとんでもないバッシングを受けるようになった原因は何だと思うか。

 「今の状況は自分も時折実感がわかない。金学順さんの初の証言が出たころ、私と同じような記事を書いた人は多かったのに、
なぜ私だけがこのようなバッシングを受けるのか、理解できない。右翼は、慰安婦問題が今のように世界的に大きな問題となったのは、
私が金学順さんの証言を報道したからだと主張する。しかし、私が翻訳家の友人に頼んだが、私の記事を引用報道(転電)した韓国のマスコミは見つけられなかった。

結局、私が推測できる理由は一つ。私の妻が韓国人で、義母が梁順任・太平洋戦争犠牲者遺族会会長だからだ。
しかも、義母が戦後補償訴訟と関連して詐欺罪で起訴された事件(8月に無罪が確定)があった。右翼はこれらをもって 、
植村が義母のために記事を捏造したという 虚偽のプロパガンダを流布させている. 私は 1996〜1999年の ソウル特派員時代には、
梁順任の婿が慰安婦問題を書いていると言うバッシングを受けたくなくて、 そうした記事はわざと避けていた」

−日本の右翼があなたを「捏造記者」と呼ぶことについてどう思うか。

 「捏造記事は書いていない。私への批判は、金学順さんに関する記事で 「女子挺身隊」と「従軍慰安婦」を混同して書いたということであり,
もう一つは、金学順さんが 慰安婦として連行される前に キーセン学校に通った事実に言及しなかったという点だ。
だが、 慰安婦問題が初めて露わになった時、韓国では 慰安婦と挺身隊を同義語として使っていた。
また、キーセン学校は酒の席で踊りを踊ったり楽器を扱う方法を学ぶ場所で、そこに入ったからといって 必ず慰安婦になるわけではない。
私を批判する <読売新聞>の当時の記事を見ても、 挺身隊と慰安婦を混同したり、金学順さんがキーセン学校に通った事実に触れない記事がある。

金学順さんが「強制連行」されたとも書いていない。個人的には朝鮮では慰安婦の強制連行はなく、少なくとも今までは、
これと関連した資料は発見されていないと思う。金学順さんも 一貫して言っていることは、 強制連行ではなく
「だまされて行った」 「意に反して行った」ということだ。私は記事に 「女子挺身隊の名で連行され、日本軍を相手に売春行為を強いられた」と書いた。
ここでの「連行」は、 まともな人たちを狩りをするようにつかまえるという意味の強制連行ではない。
嘘であることが暴露された 吉田清治 証言(自分が済州島で女性狩りをするように強制連行したと語った証言)に基づく記事は1本も書いていない」

− あなたが右翼からとんでもないバッシングを受けていたころ、<朝日新聞>では慰安婦記事に関する検証記事を発表した。

 「8月5日 <朝日新聞>が 慰安婦記事を検証し、私が書いた記事は 「捏造ではない」と確認した。 私はこれで自分の名誉が回復するものと思っていた。
しかし、私に対する記事と吉田証言が嘘であることを認めた記事が共に出私が吉田証言と関連した記事を書いたというデマも広がった。
そのためバッシングの強度がさらに増した。最も戸惑い孤独を感じたのはその頃だった。

最初、変化のきっかけになったのは、娘に対する右翼のバッシングだった。 幼い女学生に対する限度を超えたバッシングに人々が憤り始めた。
この間交流してきた元高校教師の 新西たかし(85) さんら支援者が現れ、私を支援する人々を集め始めた
こうした流れのなかで、 10月6日全国の学者、弁護士、マスコミ関係者ら444人が集まり、「負けるな北星!の会」を作った。
そして、12月17日 北星大学が 私との非常勤講師契約を 1年延長すると発表した」

− この1年間の日本の姿を見て何を感じるか。

 「私は日本を愛する愛国者だ。日本がアジアで尊敬される国になることを願っている。 そうなるためには、
私たちが周辺国に謝罪することがあるなら謝罪し、直すべき点があるなら直すべきだと考える。 過去の問題をきちんと解決しなければ、
アジアの中で日本は尊敬や信頼を勝ち取れない。

いまの日本には歴史の暗部を見つめようとする人々を攻撃しようとする勢力がいる。しかし、それに屈しないと声を上げる人々もいる。
来年も学生たちを教えられるようになったことが何よりうれしい。 私は捏造記事など書いていない。これからも不当な攻撃に屈せず闘っていこうと思う」

札幌/文・写真 キル・ユンヒョン特派員

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/19119.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【話題】東京駅100周年 韓国ネット「東京駅ってソウル駅にそっくり」[12/22]

1:2014/12/23(火)14:43:39 ID:
日本の近代化の象徴・東京駅が開業100周年!韓国ネット「ソウル駅にそっくり」「歴史問題さえなければ…」

Record China 12月22日(月)21時15分配信

20日、日本の近代化の象徴である東京駅が開業100周年を迎えたことについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は東京駅。

2014年12月20日、韓国・聯合ニュースは、日本の近代化の象徴である東京駅が開業100周年を迎えたと伝えた。

1914年12月20日、東京都千代田区丸の内にオープンした東京駅は、1945年の東京大空襲で建物の一部が焼失したが、2012年に復元された。
現在は東京の観光名所として定着している。19日に開かれた開業100周年記念行事で、JR東日本の冨田哲郎社長は、「東京駅は日本近代化の象徴として変化してきた。今後も発展の中心として存在し続けたい」と述べた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「100年前の建物を補修しながら大切に使い続ける日本。韓国ならすぐに再開発をするだろう。こういうところは見習うべきだ」

「歴史問題さえなければ、本当にすてきな国なのに」

「日本は100年前に列車を作り、80年前に飛行機を作った国だ」

「東京駅は1日にものすごい数の人が利用している。それなのに、清潔に保たれているところが素晴らしい」

「ソウル駅とそっくり。手遅れになる前に、ソウル駅を建て替えた方がいいんじゃない?日本人は韓国のすべてを奪おうとするから、『ソウル駅を日本の文化遺産として登録する』とか言い出すかも。ソウル駅が危ない」

「皇居から見た東京駅は世界で一番きれいだ。ソウル駅とは比べものにならない」(翻訳・編集/篠田)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141222-00000041-rcdc-cn
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。