速報ヘッドライン

2014年12月05日

【韓国】東亜日報「ソウルの真ん中で日王(天皇)誕生日祝賀行事」と批判記事→反日団体「日本大使館は日本に帰れ」「産経の加藤は謝罪しろ」[12/4]

1:2014/12/04(木)20:47:55 ID:
【ソウル=名村隆寛】ソウル市内で4日夜、天皇誕生日を祝う在韓国日本大使館主催のレセプションが行われた。
韓国紙、東亜日報はこれに先立ち4日の朝刊で、
「ソウルの真ん中で日王(天皇)誕生日祝賀行事」との見出しで、
会場となったホテルや開始時刻を示して批判的に報じた。

記事は「ソウル市内のホテルで天皇誕生日の祝賀パーティーが開かれるたびに論議が起きた」とし、
「2010年には韓国の大企業が贈った大型の花輪が飾られ、物議をかもした」などと報じた。

レセプションが始まる前の4日夕、会場があるホテルの入り口付近には反日団体のメンバーら10人前後が集まり、
「日本大使館は日本に帰れ」などと叫んだ。産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の名誉毀損(きそん)での公判に関連し、
「産経の加藤は謝罪しろ」と大声を上げるメンバーもいた。警察官30人以上が警備に当たり、大きな混乱はなかった。

東亜日報は7月の自衛隊創設60周年の記念行事の際にも、同様に日時や場所などを記した批判的な記事を掲載。
会場のロッテホテルに抗議電話が殺到し、ホテル側は会場提供を拒否。行事は当日、会場を日本大使公邸に変更して行われた。

今回の記事掲載を受けて日本大使館は4日、東亜日報に対し、
「各方面で日韓関係の改善に向けて努力している中、水を差すような記事が掲載されたことは極めて問題だ」と強く抗議。
「自衛隊の記念行事の際も抗議したにもかかわらず、今回あらためて記事が掲載されたのは遺憾」とし、善処を求めた。

 東亜日報からは、「日本関連記事については、読者に誤解を与えないよう注意を払っていきたい」との回答があったという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00000550-san-kr
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 08:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【IWJ】琉球新報報道部長「沖縄の民意は独立に動いた。在特会らが『翁長は沖縄を中国に売り渡す』とヘイトスピーチしてもこの結果だ」[12/4]

1:2014/12/04(木)21:31:40 ID:
11月29日(土) 14時から、法政大学で「第一回『沖縄の地鳴りを聞く』――県知事選で何が起きたか?」が開かれ、
琉球新報の編集局次長兼報道部長の松元剛氏が、今回の県知事選をジャーナリストの立場から分析した。

松元剛氏(以下、松元・敬称略)「2012年は、オスプレイが強行配備されました。
県知事以下、間接民主制で選ばれた県民の代表がすべて反対し、直接民意表明である集会にも9.6万人が参加した。
それでも日米政府は無視しました。それで『沖縄のことは沖縄で決めねば』と、
保守派までが『差別』『独立』を口にし始めました。

翌2013年、安倍政権はサンフランシスコ条約などの発効61周年である4月28日を『主権回復の日』として盛大に祝い、
大集会を開催しました。しかし、沖縄にとっては『切り捨てられた』『屈辱の日』であり、抗議の県民大会も開催されました。

12月25日、仲井真知事が首相官邸を訪問し、2021年度まで毎年3000億円の沖縄振興を約束され、
『有史以来の予算だ。(実際には、反対していた太田県政時代4600億円だったが)私は安倍政権の応援団だ。
よい正月を迎えられる』といって『転んだ』。

そして2014年、辺野古工事をついに8月、強行しました。直後の県民世論は『安倍政権支持19%不支持81%』。
ほぼ一年、ずっと7割は辺野古反対で、仲井真知事は2月頃から引退、副知事らへの禅譲もチラつかせていましたが、
後継者を絞らず、三選に意欲を見せました。

しかし、です。仲井真選挙本部は那覇市に置かれ、何度も勝ち続けた大きな事務所ですが、
開いても人が集まらない、街宣車5、6台あっても運転手がいない。地元、翁長氏と自民党を除名された支持市議13名が
運動中枢、実務を担ってきていたが、ゴッソリ抜け、移ったためです」

松元「そこで、ネットウヨク系、在特会系の人々が入り込み、那覇市役所や琉球新報、沖縄タイムスの前で
『中国に沖縄を売り渡す●●』などとヘイトスピーチを繰り返しました。
しかし、仲井真氏の学友支援者が『仲井真の差し金と思われ票が減る』と心配するほどひどかった。

そして、結果、他の3候補の票が束になっても敵わない大差がつきました。
『新基地建設』の単一イシューでの反対とともに、琉球政府68年の『主席公選』に匹敵する
『沖縄のことは沖縄が決める』という意志が明確に示され、その意味でも安倍首相は第二の敗者となりました。

安倍政権は『消費税増税先送り解散、アベノミクス総選挙』というが、実際は沖縄県知事選などでの惨敗ダメージを覆い隠し、
リセットする狙いがあります。

基地は危険で嫌だが、『なければ沖縄経済がもたない』という依存神話は、沖縄では完全に崩壊しました。
逆に、発展を阻害している実績も多い。また、『オスプレイは尖閣防衛に役立つ』という嘘も通用しません。
図体が大きく、護衛ヘリが必要となるし、岩礁の尖閣には着陸できません」

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/209921
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【東シナ海・南シナ海問題】中国の尖閣周辺などでの挑発を非難…米下院決議[12/04]

1:2014/12/04(木)23:16:18 ID:
 【ワシントン=今井隆】米下院は3日、中国が沖縄県・尖閣諸島周辺の東シナ海や南シナ海で挑発行為を続けていることを
非難し、昨年11月に東シナ海上空に設定した防空識別圏を運用しないことを求める決議を全会一致で可決した。


YOMIURI ONLINE: 2014年12月04日 18時45分
http://www.yomiuri.co.jp/world/20141204-OYT1T50096.html?from=ytop_ylist
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中国軍事】中国海軍、西太平洋で3艦隊の合同演習実施へ[12/04]

1:2014/12/04(木)23:18:24 ID:
 【北京=竹内誠一郎】4日付の中国夕刊紙「法制晩報」は、中国海軍が近く西太平洋海域で、東海、南海、
北海の3艦隊による合同演習を実施すると伝えた。

 軍当局の発表に基づくと、西太平洋海域で演習を行うのは今年5回目となる。今年の演習としては最大規模、
最長期間となるという。


YOMIURI ONLINE: 2014年12月04日 19時48分
http://www.yomiuri.co.jp/world/20141204-OYT1T50106.html?from=ytop_ylist
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【TPP】韓国貿易協会「日本加盟・韓国非加盟なら打撃大。加盟交渉に集中を」[12/4]

1:2014/12/04(木)13:19:37 ID:
韓国貿易協会の韓悳洙(ハン・ドクス)会長は3日、記者団と懇談し、
「日本だけが環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に加盟し、韓国が脱落すれば、
韓国に大きな打撃は避けられない」と述べた。
韓会長は「中国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドなど主要国との自由貿易協定(FTA)交渉が合意した状況で、
今はTPP交渉に集中すべきだ」と呼び掛けた。

韓会長は「12カ国の交渉参加国の貿易規模は9兆ドルを超え、
うち部品など中間財の需要は2兆ドルを超える。
TPPに加盟すれば、韓国企業には大きなチャンスが開かれる」と指摘した。

TPPに加盟すれば、韓中FTA合意で
韓国経済が中国に傾倒しているという米国内の懸念を解消する効果も期待される。

金承範(キム・スンボム)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/04/2014120400938.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【F1】2015年のF1日程が発表、韓国GP復活-開催地は木浦・ソウル市街地が候補[12/4]

1:2014/12/04(木)12:32:16 ID:
【AFP=時事】国際自動車連盟(FIA)は3日、フォーミュラワン(F1、F1世界選手権)の日程などを話し合う会合を
ドーハ(Doha)で開催し、韓国グランプリ(Korean Grand Prix)の復活や、
物議を醸した最終戦ポイント2倍制の正式な廃止などを発表した。

韓国GPのほかには、予想されていたメキシコGP(Mexican Grand Prix)の復活も発表されており、
このままいけば2015年シーズンのF1は、過去最大規模となる21戦で実施される。

ただし、日程には組み込まれたものの、韓国GPの開催は「最終確認待ち」の暫定的な状態にある。
開催地については、以前と同じ木浦(Mokpo)か、首都ソウル(Seoul)の市街地が候補に挙がっている。

2010年から13年まで行われた韓国GPは、来季の第5戦として5月3日から開催される予定となっており、
バーレーンGP(Bahrain Grand Prix)とスペインGP(Spanish Grand Prix)の間に組み込まれる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141204-00000019-jij_afp-moto
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】済州島が中国人の賭博天国に、カジノは性的サービスも提供[12/4]

1:2014/12/04(木)13:22:19 ID:
中国人の賭博客を誘致するため、往復航空券と5つ星クラスのホテル宿泊券を無料で提供するカジノがある。
中国語通訳、中国料理の提供は基本だ。外国の話ではなく、済州島での実話だ。

中国公安省の機関紙「人民公安報」は3日、中国人の海外での賭博の実態を告発する記事を掲載し、
「済州島が中国人の賭博の新たな天国に浮上した」と伝えた。

同紙は済州島のカジノが細かなサービスで中国人賭博客を誘惑しているとし、
中には「性的サービス」まで提供していると報じた。中国に現地事務所を開設し、顧客を直接誘致。
済州島観光の日程まで組む「ワンストップサービス」を提供しているという。
あるカジノの中国での代理人は、過去2年間に53回、中国人賭博客を済州島に送った。

一部カジノは違法な賭博資金サービスで摘発された。賭博資金を中国の指定口座に入金すれば、
カジノで即座にチップを受け取れるほか、客がカジノでチップをカウンターに持ち込めば、
客の中国国内の口座に換金分が入金される仕組みだ。このため、中国の賭博客は現金持参で済州島に出掛ける必要がなくなった。

浙江省公安庁の丁仕輝副総隊長は「済州島で中国人観光客のノービザ入国が認められて以降、
ベトナム、ラオス、ミャンマーに行っていた中国人賭博客が済州島に足を向けるようになった」と説明した。

しかし、済州島のカジノで大負けする中国人も少なくない。済州島に勤務する中国の外交関係者は
「済州島には中国人観光客に関する3つの『80%の法則』がある」と話した。
済州島を訪れる外国観光客の80%が中国人で、そのうち80%が賭博を行い、さらにその80%が負けるというのだ。
カジノ周辺では高利貸しから急な資金を借り入れ、旅券を預けさせられ、取り立てに耐えられずに自殺するケースもあるという。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/04/2014120400944.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中国】国外逃亡の428人拘束 中国、収賄や横領犯[12/04]

1:2014/12/04(木)23:05:38 ID:
 中国国営新華社通信によると、中国公安省は4日、国外に逃亡した経済犯について、今年夏以降に60カ国・地域で計428人を
拘束したと発表した。容疑の収賄や横領などの額が1千万元(約1億9500万円)を超えるのは141人。

(つづきはソースで)


産経ニュース: 2014.12.4 21:45
http://www.sankei.com/world/news/141204/wor1412040038-n1.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【米中】習氏の権力、危険で盤石 中国サイバー攻撃は明白 オバマ大統領[12/04]

1:2014/12/04(木)23:09:10 ID:
 オバマ米大統領は3日、首都ワシントンで演説し、中国の習近平国家主席について、極端な愛国心を利用して沖縄県・
尖閣諸島の問題などで近隣諸国に「不安感を与えている」と述べ「危険」な側面があると指摘した。さらに習氏は元最高
実力者の故●(=登におおざと)小平氏以来の盤石な権力を確立したとの認識も示した。

 企業経営者らとの会合で述べた。米企業へのサイバー攻撃についてオバマ氏は、米国で中国軍の5人が起訴されている
ことを踏まえ、中国政府の関与は「議論の余地がない」と明言、強く対応を求めていくと強調した。先月12日の北京での
米中首脳会談でも問題に進展がなかったことをうかがわせた。

 オバマ政権のアジア重視戦略の中心を占める米中関係のかじ取りの難しさをあらためて示した発言といえる。

(つづきはソースで)


産経ニュース: 2014.12.4 07:50更新
http://www.sankei.com/world/news/141204/wor1412040007-n1.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国/宇宙開発】月探査の来年度予算「ゼロ」…2020年着陸計画の遅延が予想[12/4]

1:2014/12/04(木)20:02:58 ID:
4日、未来創造科学部と韓国航空宇宙研究院によると、
来年度予算案の国会処理過程で月探査事業予算410億8000万ウォン(約44億1200万円)が
全く反映されておらず、2017年までに月探査の自力インフラを確保して
2020年までに月軌道船・着陸船を韓国型ロケットで打ち上げるという計画を見直さなければならない状況になった。

これに伴い、国家宇宙開発政策を審議する国家宇宙委員会が来週会議を開き、
月探査計画の見直しなどを話し合うことが伝えられた。

月探査事業は1段階事業期間(2015〜2017年)に1978億ウォンを投入し、
月探査システムや本体開発、軌道船・着陸船・月科学搭載体の開発など月探査の自力インフラを確保し、
2段階事業期間(2018〜2020年)に4757億ウォンを投入して独自開発した無人月軌道船と着陸船を韓国型ロケットで打ち上げることだ。

http://japanese.joins.com/article/541/193541.html?servcode=300§code=330
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サッカーW杯】「これがサッカーだ」 イングランド、韓国の密約裏切りでW杯招致失敗[12/3]

1:2014/12/04(木)20:28:10 ID:
2018年と2022年に行われるワールドカップの開催地を決める投票で、
事前にイングランドと韓国がお互いに投票することで密約を交わしていたことが発覚したが、
その共謀は韓国の裏切りで失敗に終わったと、イギリス紙『サンデータイムズ』が報じた。
11月30日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

2018年と2022年のワールドカップはそれぞれロシアとカタールで開催されることが決定しているが、
不正疑惑が浮上し、FIFA(国際サッカー連盟)の倫理委員会が調査を実施。
11月13日に発表された調査レポートは、招致活動を行った国の規制違反が「限りなく制限された範囲」で
開催地の再選考に至るほどの不正はないとし、
2018年のロシア・ワールドカップと2022年のカタール・ワールドカップの開催は妥当だと結論付けられていた。

そのレポートについても様々な疑惑がある中、『サンデータイムズ』紙の調査によって、
当時FIFAの副会長を務めていた2人、チョン・モンジュン氏とジェフ・トンプソン氏の間で密約があったことが発覚。
韓国の投票を行ったチョン・モンジュン氏が2018年ワールドカップのための投票でイングランドへ投票する代わりに、
イングランドのトンプソン氏が2022年ワールドカップのために韓国へ投票する取引が結ばれていたと主張している。

さらにチョン・モンジュン氏は、投票日の前日にイギリスのデイヴィッド・キャメロン首相とも密会を行い、
イングランドへ投票すると約束したという。しかし、実際には韓国がロシアに投票。
その密約が裏切りで失敗に終わったことが明らかとなった。

 同紙によると、イングランドサッカー協会(FA)の関係者が「我々は韓国と取引をした。
我々が彼らに投票し、彼らが我々に投票するというものだ。だが韓国は我々に投票しなかった」と語り、
密約が破棄されたことを明かすと、「それがイングランドの招致活動を物語っているよ。
私たちはそれをごまかすことにすら失敗したんだ」とコメント。

さらに「(投票の)次の日にそのことを知って、デイヴィッド・デイン(当時FA副会長)が韓国に理由を問いただしに行ったら、
『これがサッカーだ』って答えていたよ」と韓国側の言い分を暴露した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00255591-soccerk-socc
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 07:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【サッカーW杯】「これがサッカーだ」 イングランド、韓国の密約裏切りでW杯招致失敗[12/3]

1:2014/12/04(木)20:28:10 ID:
2018年と2022年に行われるワールドカップの開催地を決める投票で、
事前にイングランドと韓国がお互いに投票することで密約を交わしていたことが発覚したが、
その共謀は韓国の裏切りで失敗に終わったと、イギリス紙『サンデータイムズ』が報じた。
11月30日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

2018年と2022年のワールドカップはそれぞれロシアとカタールで開催されることが決定しているが、
不正疑惑が浮上し、FIFA(国際サッカー連盟)の倫理委員会が調査を実施。
11月13日に発表された調査レポートは、招致活動を行った国の規制違反が「限りなく制限された範囲」で
開催地の再選考に至るほどの不正はないとし、
2018年のロシア・ワールドカップと2022年のカタール・ワールドカップの開催は妥当だと結論付けられていた。

そのレポートについても様々な疑惑がある中、『サンデータイムズ』紙の調査によって、
当時FIFAの副会長を務めていた2人、チョン・モンジュン氏とジェフ・トンプソン氏の間で密約があったことが発覚。
韓国の投票を行ったチョン・モンジュン氏が2018年ワールドカップのための投票でイングランドへ投票する代わりに、
イングランドのトンプソン氏が2022年ワールドカップのために韓国へ投票する取引が結ばれていたと主張している。

さらにチョン・モンジュン氏は、投票日の前日にイギリスのデイヴィッド・キャメロン首相とも密会を行い、
イングランドへ投票すると約束したという。しかし、実際には韓国がロシアに投票。
その密約が裏切りで失敗に終わったことが明らかとなった。

 同紙によると、イングランドサッカー協会(FA)の関係者が「我々は韓国と取引をした。
我々が彼らに投票し、彼らが我々に投票するというものだ。だが韓国は我々に投票しなかった」と語り、
密約が破棄されたことを明かすと、「それがイングランドの招致活動を物語っているよ。
私たちはそれをごまかすことにすら失敗したんだ」とコメント。

さらに「(投票の)次の日にそのことを知って、デイヴィッド・デイン(当時FA副会長)が韓国に理由を問いただしに行ったら、
『これがサッカーだ』って答えていたよ」と韓国側の言い分を暴露した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00255591-soccerk-socc
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 06:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【英中】「共同宣言、今は無効」と中国、香港問題で対英強硬姿勢 英は「非常識だ」[12/04]

1:2014/12/04(木)22:35:23 ID:
 【ロンドン=内藤泰朗】香港の「高度の自治」を明記した1984年の「中英共同宣言」について、駐英中国大使館が、
「今は無効だ」との見解を英国側に伝えていたことが分かった。英下院外交委員会のオタウェイ委員長(与党・保守党)が
2日の下院審議で明らかにした。

 中国の倪堅駐英公使が11月28日、同委員長に超党派の英議員代表団の香港訪問受け入れを拒否すると通告
した中で、この見解を伝えたという。見解は、中英両国が合意した共同宣言は、香港が中国に返還された97年までは
適用されたが、今は無効だとしている。

 委員長は「合意文書に記された方針について中国政府は50年間保持すると約束した。中国側は無責任だ」と非難。
「合意を結んだ相手の履行状況を評価する権限がないと示すのは非常識だ」と切り捨てた。

 下院審議では、ほかの議員からも中国への批判が続出。リフキンド元外相は、国際合意の履行状況を監視し、意見を
表明するのは「英政府や下院委員会の義務だ」と断言した。

(つづきはソースで)


産経ニュース: 2014.12.4 20:02
http://www.sankei.com/world/news/141204/wor1412040032-n1.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 06:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【英中】「共同宣言、今は無効」と中国、香港問題で対英強硬姿勢 英は「非常識だ」[12/04]

1:2014/12/04(木)22:35:23 ID:
 【ロンドン=内藤泰朗】香港の「高度の自治」を明記した1984年の「中英共同宣言」について、駐英中国大使館が、
「今は無効だ」との見解を英国側に伝えていたことが分かった。英下院外交委員会のオタウェイ委員長(与党・保守党)が
2日の下院審議で明らかにした。

 中国の倪堅駐英公使が11月28日、同委員長に超党派の英議員代表団の香港訪問受け入れを拒否すると通告
した中で、この見解を伝えたという。見解は、中英両国が合意した共同宣言は、香港が中国に返還された97年までは
適用されたが、今は無効だとしている。

 委員長は「合意文書に記された方針について中国政府は50年間保持すると約束した。中国側は無責任だ」と非難。
「合意を結んだ相手の履行状況を評価する権限がないと示すのは非常識だ」と切り捨てた。

 下院審議では、ほかの議員からも中国への批判が続出。リフキンド元外相は、国際合意の履行状況を監視し、意見を
表明するのは「英政府や下院委員会の義務だ」と断言した。

(つづきはソースで)


産経ニュース: 2014.12.4 20:02
http://www.sankei.com/world/news/141204/wor1412040032-n1.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 03:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【リテラ】社会学者・宮台真司「朝日新聞や慰安婦捏造を批判しヘイトスピーチをするネトウヨ。しばき隊のようなゴロツキ左翼で排除を」[11/4]

1:2014/11/13(木)12:43:35 ID:
──でも馬鹿認定して放置したことで、ヘイトやネット右翼が増殖していった部分もあるんじゃないですか?

宮台 そう。問題はそこなんだ。
僕が推したいのは “左翼ゴロツキ戦略”です。しばき隊が好い例。
「ヘイトはキモい。YouTubeとかで観たらキモいオヤジとオバハンばかり。
筋骨隆々としてタトゥーが入ったしばき隊の方が格好いいぜ」という戦略です。

──C.R.A.C.(旧・しばき隊)については「どっちもどっち」という意見もありますね。

宮台 「ニューズウィーク」の記事みたいに「どっちもどっち、喧嘩両成敗」などと言ってる場合じゃない。
中間層分解を背景に〈感情の劣化〉を被った人々が量産される今日では〈感情の政治〉に〈感情の政治〉で対抗する他ありません。
威勢のいい排除主義者に感染しがちな人々を前に、“排除主義者”と“排除主義者を排除する排除主義者”が戦う構図です。

宗教者ならどちらも同じだと言わなければならないだろうが、どっちもどっちという者はどこの宗教者なんだ。
むろん“排除主義者”と“排除主義者を排除する排除主義者”とでは国際的なウケが全く違う。
ヘイトデモが国連人権委員会から日本政府への勧告を招く一方、11月2日の反ヘイト東京大行進は海外メディアが好意的に報じたでしょう。

──では今、知識人はどう振る舞えばよいのでしょうか?

宮台 マクロには、ヘイトデモに抗う反ヘイトデモにせよ、広告代理店的動員に抗う広告代理店的動員にせよ、〈感情の政治〉に〈感情の政治〉で抗う他ない。
それで言えば、このリテラは、ゴシップ的に相手の梯子を外す“左翼ゴロツキ路線”の下品さで〈感情の政治〉に参戦しているし、
従軍慰安婦問題や朝日捏造記事問題など丹念な探索で完全情報化を図っている。良い方向だと思う。

──ここまでの宮台さんの話を聞いていると、ネット右翼はとるに足らない存在のように思えますが、
実際には朝日報道問題への反応などから察するに、無視できない影響力を持っています。

宮台 違うと思う。言論の場に参加する年齢層が若くなって若干敏感になっただけで、僕らの世代は気にしていないと思う。
気にしているのは、ネトウヨの動向じゃなく、それをカサに着た首相官邸の意向でしょう。

──しかし今日の言論の模様を、若い世代は基本的にネットで受容しているわけで、消費のために編み出された言論を〈ガチ〉だととらえる。
すなわち「そうか納得!やっぱ朝日って売国奴だわ」というふうになり、政治参加にまで向かう層もいるのではないですか?

宮台 そう。だからこそ、しばき隊やリテラが体現している“左翼ゴロ路線”が有効なんだ。なぜ有効かといえば、まさにその“消費という場所”で戦えるからです。
今までそういう戦い方がヘイトに独占されていたのを奪還するわけだ。それを圧倒的な〈知的物量作戦〉を伴った形で遂行すると良い。

──“ガス抜き”だけで本当にいいんですか?
宮台 “ガス抜き”だけでいいわけないじゃないか(笑)。
間違っても、〈知的物量作戦〉によってネトウヨを論破できるとか説得できるとか思っちゃいけない。
同じく「彼らにも他者の悲しみを自分の悲しみとする能力があるはずだ」などと考えるのもダメ。現実を見ましょう。

http://lite-ra.com/2014/11/post-601_4.html
http://lite-ra.com/2014/11/post-601_5.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 03:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。