速報ヘッドライン

2014年12月01日

【韓国仏像窃盗】韓国政府、日本の返還要望に応じず 逆に日本からの文化財返還機関の設置を要求-対象は日本統治時代など [11/30]

1:2014/11/30(日)20:06:13 ID:
【ソウル=藤本欣也】韓国の金鍾徳(キム・ジョンドク)文化体育観光相は11月29日の下村博文文部科学相との会談で、
統治時代などに朝鮮半島から日本に持ち出された文化財の返還などについて両国が協議する機関の設置を提案した。
下村氏は特別な反応を示さなかったという。

 報道によると、横浜で行われた会談で、下村氏が長崎県対馬市の寺などから韓国人が盗んだ仏像について言及。
金氏が「その問題だけでなく、日本側が韓国から不法に搬出した文化財も議論しなければならない」と機関の設置を提案した。

http://www.sankei.com/world/news/141130/wor1411300016-n1.html
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日韓】仏像を盗まれた対馬の住職が激怒「私の所はこれを機に韓国の観光客は一切断ります」[11/30]

1:2014/11/30(日)15:11:18 ID:
先日盗難被害に遭った対馬のお寺の住職

私の所はこれを機に韓国の観光客は一切断ります


今までの2年前の犯行も韓国として(仏像を)返還してくれと


言葉は悪いですけどなめんなよと
どうかせないかんという言葉ですよ


(盗まれた仏像が)帰ってこない限り対馬と韓国のつながりはないですよ

続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【台湾】統一地方選、国民党惨敗で馬総統が謝罪 民進党は大躍進[11/29]

1:2014/11/30(日)01:42:07 ID:
(台北市 29日 中央社)29日に投開票が行われた統一地方選挙で、最大野党・民進党が4つの直轄市(桃園、台中、台南、高雄)を含む13の県市を制し、
地滑り的大勝を収めた。一方、与党・国民党が保持できたのは直轄市の新北市など6県市で、選挙前の15から大きく後退した。

民進党創立以来の勝利を受けて、同党の蔡英文主席は同日の記者会見で、これは台湾市民の勝利だとした上で、
今後、地方から台湾を取り戻していくと語り、2016年の総統選挙での政権奪取に強い意欲を示した。

一方で惨敗を喫した国民党主席の馬英九総統は、皆を失望させたとして、支持者に対して謝罪するとともに、市民の声は受け取ったとして、
できる限り迅速に改革案を提出すると語った。敗戦を受けて同党の秘書長(幹事長)、行政院長(首相)が辞任することになった。

(葉素萍、劉麗栄、黄名璽/編集:杉野浩司)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00000012-ftaiwan-cn
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【国内】土井たか子に感謝する集会開催 福島瑞穂「参加費1000円」 [11/29]

1:2014/11/29(土)10:50:54 ID:
故・土井たか子氏に感謝し思いを引き継ぐ集会開催

2014年11月28日 14時19分
提供:アメーバニュース/政治・社会


 元社民党党首で、女性初の衆議院議長を務めた故・土井たか子さん(享年85)が9月20日に
亡くなったが、「土井たか子さん、ありがとう! 思いを引き継ぐ集い」が開催される。

 開催日時は12月12日18:00開場、18:30開会。場所は東京都千代田区の日本教育会館3階の一ツ橋
ホール。最寄駅は地下鉄神保町駅・竹橋駅。

 今回の会は、瀬戸内寂聴氏、落合恵子氏、福島みずほ氏、佐高信氏らが呼び掛けて実現に至った。
会では、黙祷、お別れの言葉、土井さんを偲ぶDVD上映などが行われる。

 参加費は1000円。福島氏はツイッターで「土井さんの思い出を語り合いましょう。参加費千円。
平服で どうぞ」と呼びかけている。土井さんは、1989年の参議院選で社会党躍進の原動力となり
「マドンナブーム」の立役者といわれている。

http://yukan-news.ameba.jp/20141128-129/
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【 香港紙】イタリア人研究員「韓国やロシアに謝れない日本。『米国以外のアジア諸国やソ連には負けていない』と考え北方領土を諦めない」[11/30]

1:2014/11/30(日)13:52:02 ID:
2014年11月26日、香港紙・亜州時報サイト版は、中国人民大学欧州問題研究センターのイタリア人研究員Francesco Sisci氏の寄稿記事を掲載した。

記事では、日本の立場になって考えれば中国の台頭に不安を覚えるのは当然だと指摘。
普通ならば韓国やロシアと手を結び対中国で連携することを考えるが、日本にはそれができない事情があると解説している。

その事情とは歴史認識。日本は二次大戦で米国には負けたが、他のアジア諸国には負けていないと考えている。
そのため韓国やロシアと歴史観を共有することができない。
東京に韓国人犠牲者の慰霊碑を作る、北方四島はロシアに譲るといった柔軟な施策がとれないのはそのためだと指摘している。(翻訳・編集/KT)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141130-00000003-rcdc-cn
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【韓国】イギリスBBC放送が韓国の米軍慰安婦訴訟を報道、韓国政府が売春を実質的に管理 [11/30]

1:2014/11/30(日)21:13:16 ID:
2014年11月28日、中国日報網は記事「韓国政府はかつて米軍向けの性サービス提供を奨励していた=
従事者100人超が賠償求め告訴」を掲載した。

英BBC放送は韓国の米軍慰安婦訴訟について報じた。韓国ではかつて在韓米軍基地周辺に基地村と
呼ばれる売春街が存在した。売春は法律で禁じられていたが韓国政府は黙認、それどころか性病管理所で
定期的な検査を実施するなど実質的な管理に携わっていたという。

今年6月、基地村での売春従事者122人が「国が米軍相手の慰安婦制度を作った」と政府を告訴。
1人あたり1000万ウォン(約107万円)の賠償を求めている。「国が強制したわけではないとはいえ、
国が売春制度を作った」と責任を問うている。

米ブルッキングス研究所のキャシー・ムーン教授は韓国政府にも一定の責任があるとの見解を示した。
1970年代には韓国政府官僚が基地村を訪問し、「君たちの任務は米軍を喜ばせること。そうすれば
米軍はずっと韓国にいてくれる」と発言した事例を紹介している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141130-00000012-rcdc-cn
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【日韓】平昌五輪 「長野」との共催もある!? 現実味を帯びてきた分散開催[11/29]

1:2014/11/30(日)15:14:49 ID:
平昌五輪 「長野」との共催もある!? 現実味を帯びてきた分散開催…

 国際オリンピック委員会(IOC)は18日、バッハ会長が推進する中長期改革「五輪
アジェンダ2020」の40項目の提案を公表した。「28」とする夏季五輪の実施競技枠の
撤廃や、実施種目を追加する権利を開催都市に与える提案が盛り込まれたが、もう一つ
注目すべき改革案が分散開催の容認。開催都市のコスト削減策として、国内の都市や冬季五輪では
地理的に可能で環境面にも配慮することなどを条件に国外の都市との共催も認めるとしたことだ。

 この改革案が12月8、9日のIOC臨時総会で承認されれば、2018年に開催される
平昌冬季五輪にも影響が及ぶかもしれない。10月末になって、ようやくスピードスケート会場の
建設に着手するなど準備の遅れが指摘されている平昌。大会後の後利用もままならない
ボブスレー、リュージュ会場を設けずに済めば願ったりなのではないか。ならば、長野での
分散開催も視野に入ってくる。2002年にはサッカーW杯を共催した実績もあるのだから…。
もちろん26年冬季五輪を招致する意向を表明した札幌市にしても、そり系競技は「長野開催」を
検討することだろう。

 東京五輪の準備状況から見てもその可能性は十分にある。18、19日に行われたIOC
調整委員会と2020年東京五輪・パラリンピック組織委などとの事務折衝では、東京以外の
他都市開催を含む会場計画の見直しに、IOCは前のめりだった。背景には冬季五輪の開催地に
立候補する都市が激減している状況がある。

 22年冬季五輪招致では、冬季競技の盛んなオスロが、ノルウェー国民の強い拒絶に遭って撤退した。
競技数の多い五輪よりもノルディックスキーのW杯を招致した方が余程いいという判断だ。
IOCにとって五輪という金のなる木も開催地という下地があればこそなのだ。「レガシー(遺産)には
適正なコストも必要」と19日の会見でコーツ委員長が示した見解は、「選手第一」の理想だけでは
五輪を維持できない現実をも浮き彫りにしている。

 20日付の朝鮮日報電子版では、IOCの改革案が平昌冬季五輪に及ぼす影響について触れていた。
それによると、平昌の組織委員会のシン・ムチョル広報局長は「アジェンダの施行方法や適用時期などに
関する詳しい情報は発表されていないため、今のところはIOC総会まで待つしかない」と語ったとした上で、
別の組織委員会関係者は「IOCがアジェンダの『モデルケース』に平昌を選ぶ可能性も捨てきれない。
平昌は競技場建設遅延や環境団体の反対など多くの困難を迎えているため、平昌にアジェンダの内容を
反映させるよう非公式の勧告案を出すこともあり得る」との見通しを紹介している。

 IOC改革案の行方によっては、平昌冬季五輪にも影響が及びそうだ。そしてそれは、準備遅れが
懸念されている平昌にとっては救いの手となるかもしれない…。

産経新聞 11月29日(土)18時29分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00000545-san-spo
続きを読む
posted by アジアの特定の「あの国」 at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。